医療法人社団 朱鷺会 大内病院/救急指定病院(広域二次病院群輪番制病院)急患24時間受付
文字サイズ 小 中 大
内科・循環器内科・小児科・アレルギー科・糖尿病内科・消化器内科・外科・消化器外科・肛門外科・整形外科・皮膚科・循環器外科

内科、循環器内科、小児科、アレルギー科、糖尿病内科、消化器内科、外科の大内病院の病院概要

トップページへお知らせ診療科目病院概要アクセス
病院概要
医師紹介

院長 大内英樹私ども大内病院は、足柄上地区で民間の急性期病院として、開院から40年間、地域医療の中核を担ってきました。
私自身も、南足柄市中沼に生まれ、子ども時代を地元で過ごして参りました。
現在、この地域は高齢化が進んでいます。幅広い年代の患者様が通いやすく、安心して通院や入退院ができる、地域に根付いた病院として頑張っていきたいと考えております。
医療スタッフ、事務職員が一丸となって、患者様の身になったサービスの提供に努め、患者様が相談しやすい雰囲気づくりにも力を入れ、県西部の基幹病院として、今後も更に充実した医療機関を目指し、地域医療に取り組んで参ります。

病院長 大内 英樹

院長紹介
1 プロフィール
   聖マリアンナ医科大学医学部医学科卒業
   日本内科学会会員、日本循環器学会会員
   日本心血管インターベンション治療学会会員

2 経歴
   聖マリアンナ医科大学病院
   循環器内科勤務
   平成22年 大内病院 病院長就任
   平成27年 医療法人社団朱鷺会 理事長就任
医師紹介
常勤医師
内科・循環器内科 大内英樹
外科・消化器外科・肛門外科 東里正美
小児科・アレルギー科 大内忠行
外科 田中克幸

非常勤医師
消化器内科・糖尿病内科 三治哲哉
皮膚科 交代制(北里大学病院)
循環器外科・外科 小野裕國
整形外科 小宮宏一郎

病院概要

名称 医療法人社団 朱鷺会 大内病院
所在地 〒250-0123
神奈川県南足柄市中沼594-1
病床数 一般病床53床
診療時間休診日:日曜日、祝日、年末年始
※外科系の受付は16:30まで ※急患は24時間受付
診療科目詳しくはクリック
内科、循環器内科、小児科、アレルギー科、糖尿病内科、消化器内科、外科、消化器外科、肛門外科、整形外科、皮膚科、循環器外科
指定医療機関
・救急告示病院
・保険医療機関
・労災指定医療機関
・結核指定医療機関
・自賠責保険取扱い医療機関
・生活保護指定病院
・難病医療指定医療機関
・身体障害者福祉法
・お誕生前健康相談医
・広域二次病院群輪番制病院
医療設備
・一般検査設備
・心電図
・ホルター心電図
・一般X線撮影装置
・ポータブルX線撮影装置
・超音波診断装置
・CT(16列)撮影装置
・IPPB装置
・無散瞳型眼底カメラ
・自動除細動装置
・胃内視鏡装置
・大腸内視鏡装置
・嚥下内視鏡装置
・血圧脈波検査装置
・超音波骨密度測定器
各種健康診断
・全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診実施医療機関
・南足柄市、開成町住民の胃がん検診、大腸がん検診実施医療機関
・南足柄市住民の肺がん検診、前立腺がん検診、肝炎検査実施医療機関
・特定健康診査実施医療機関(各保険者による)
・企業健診(入社時健診、定期健診等)
・個別健診
各種予防接種
・四種混合ワクチン
・三種混合ワクチン
・二種混合ワクチン
・麻しん風しん混合ワクチン
・日本脳炎ワクチン
・BCGワクチン
・不活性ポリオワクチン
・子宮頸がんワクチン
・ヒブワクチン
・小児用肺炎球菌ワクチン
・高齢者肺炎球菌ワクチン
・水痘ワクチン
・風しんワクチン
・インフルエンザワクチン
・おたふくかぜワクチン
・B型肝炎ワクチン
血清
・マムシ血清
病院理念・沿革
理念
1. 24時間いつでも安心で安全な医療を提供する。
2. 住民が健康な状態で、いつも安心して暮らせる医療を提供する。
3. 患者に丁寧に説明し、理解される診療を提供する。
4. 住民に愛され、信頼される病院で、住民を愛し街づくりに貢献する。
沿革
大内家13代目の大内行雄が昭和25年大内医院を同地に開設する

1775年(安永年間)大内李庵が養父大内秋仙(小笠原大善大夫御抱医)ゆかりの相州竹松村(現在の神奈川県南足柄市竹松791番地)へ江戸青山から一家とともに転居して医業をはじめた。
東名高速道路、大井松田インターチェンジから県道78号線(御殿場・大井線)道路建設のため診療所を移転する事になった事と、昭和47年4月1日には旧南足柄町、岡本村と福沢村が合併し、南足柄市制を施行するにあたり、南足柄市に病院が無い事は市の環境条件が欠けるため、大内行雄が昭和44年12月2日に当時の福沢村竹松791番地から現在の南足柄市中沼591番地で富士写真フィルム株式会社本社入り口にあたる県道72号線(小田原・山北線)中沼交差点近く(神崎橋バス停前)に大内医院を閉鎖し大内病院を開設する。南足柄市は神奈川県の西端に位置し明神ケ岳、金時山などの箱根外輪山の麓に広がる緑と水の豊かで美しい街で南側は小田原市に接し、市の中央を流れる狩川および伊豆箱根鉄道大雄山線を中心に市街地を形成して、東名高速道路を利用して、東京から約1時間で80km圏内の距離にあり、金太郎伝説、万葉などの歴史的文化遺産がある。
当時、小児科、内科、外科、整形外科、脳外科、皮膚科、産婦人科で開業しました。平成6年1月5日は大内行雄他界のため14代目大内忠行が病院継続致して来ましたが、時代の流れで個人病院から法人化する事を決意致しました。
平成25年3月27日医療法人社団朱鷺会大内病院開設認可が神奈川県知事よりあり、個人病院から法人組織に変え医業に従事することになりました。
前掲理念に基づいて24時間いつでも安心安全な医療を提供し、住民を愛し住民から愛される地域に密着した医療を提供することで貢献する所存であります。
今後共、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

神奈川県南足柄市中沼594-1/TEL0465-74-1515/急患の方は24時間受付/受付時間 午前9:00〜11:30(初診の場合は8:30〜11:30) 午後15:00〜17:30/休診日 日曜・祝日


がん検査が簡単になりました

健診で再検査のお知らせが来たら

禁煙を本気ではじめたい方へ